羽多野 加与 / Hatano Kayo

 

1990   三重県生まれ

2013   京都造形芸術大学 情報デザイン学科

           コミュニケーションデザインコース卒業

Statement

私は本音だけで意思疎通をしたいと考えてきましたが、

その本音は今まで色んな人を傷つけてきました。

しかし、本音を言いたくても相手を傷つけたいわけではありません。

そこで、「建前」や「皮肉」を使い、本音の部分を上手く表現出来るようになりたいと思うようになりました。

「私が普段から言いたいと思っている本音を、相手が傷つかないように言わせていただく」とゆう気持ちで制作をしています。

Career

2019

・ウチラのファンシーブックストア(SHIBUYA TSUTAYA/渋谷)ポップアップ企画参加

・ヴィーナス達の誕生(新宿眼科画廊/新宿)グループ展

2018

・見参-KENZAN2018-(東京芸術劇場/池袋)グループ展 

・ヤングアーティスト旋風 artartart2018(名古屋松坂屋/名古屋)グループ展 

・異界のもの展展(三越銀座ギャラリー/銀座)グループ展 

・現代東京百景展(伊勢丹新宿ギャラリー/新宿)グループ展 

・たまらなくかわいい展(伊勢丹新宿ギャラリー/新宿)グループ展 

2017 

・なんでもないよ (パールブックスショップ&ギャラリー/幡ヶ谷)個展 

・そんな目で僕を見るな(ゲンロンカオスラウンジ五反田アトリエ/五反田)二人展 

   

2016 

・ちゃんと眼を見て話しなさい!(Space2*3/日本橋)個展 

・CDジャケットアート展Ⅲ(パレットギャラリー/麻布十番)グループ展 

 

​2015

・ごった煮展(新宿眼科画廊/新宿)グループ展 

・50の顔展(麗人社ギャラリー/銀座)グループ展 

 

2014

・New City Art Fair (GALLERY NEWYORK/台北)グループ展 

・掘りごたつハリケーン(アートコンプレックスセンター/大京町)グループ展